浅葱色のスカーフ@藍の生葉染め

  • author: master
  • 2006.06.07 Wednesday



友人から藍の生葉をいただき染めてみました。量は28gありました。
ここを参照にしました。

木綿は薄くなるということで絹の薄いスカーフ(重さ10g)で挑戦です。



染めたいものに対して1〜10倍の生葉を用意します。葉が多いほど濃く染まります。今回は大体3倍ですね。
で、すり鉢かミキサーにかけて葉を砕きます、このとき水分は少ないほどいいのでしょうが今回は100cc入れました。
スカーフは一度濡らしてからよく脱水しておきます。

このあと染液を濾すのですがすっかり忘れていたいたため一緒くたに染めてしまいました。



あとで洗うとき苦労しました、その後酢で色止めをします、がこれはよく洗えばしなくてもいいです。

で、染まったスカーフです。



非常にきれいな浅葱色になりました、
藍で染めたので本物の浅葱色です!
こんなにきれいに染まるとは思っていませんでした。
藍の色が出始めるのは7〜8月ですのでもっと
濃く染まるかもしれませんね。

私の藍はまだまだ小さいので7月が楽しみです。

この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

うちの事務所の藍がこんな素敵な色になるなんて!
感動です。

  • 投稿者: rurikot
  • 2006/06/07 5:00 PM

私も感動です。
染めている時点では緑色なんですが
酸化すると浅葱色になっちゃうなんて昔の人の発見は
すごかっただろうねえ。

スカーフなら十分染められますよ。

  • 投稿者: master
  • 2006/06/08 1:36 PM

ほんとうに綺麗な色でびっくり!!
昔私も藍染をして、黄色がさーっと青くなるのが感動的だったのを思い出しました。

  • 投稿者: Oranda
  • 2006/06/08 6:01 PM

orandaさん

生葉染めは藍立せずに染めるので若干薄めに染まりますが
気楽に染められたのでお勧めです。
イングランドお庭あるしお勧めです。
今年はちょい遅いから来年用に種おくりますよ。

  • 投稿者: master
  • 2006/06/08 11:11 PM

きゃーうれしい!あ、でも来年の今頃は灼熱の地中海だから、藍栽培は無理かもーーーー

  • 投稿者: Oranda
  • 2006/06/09 3:15 AM

コメントする

ページトップへ戻る▲