2014年4月29日 「川の道」説明会

  • author: master
  • 2015.04.21 Tuesday

去年最大のイベント「川の道」のレポート記載してませんでした。
忘備録として書いときます。

「川の道」 

ロングラン好きには憧れのレースです。
荒川〜千曲川〜信濃川を結び 
太平洋から日本海へ
520kmを6日間かけて進むレースです。
数年前出走選手が酒気帯び運転の車にひかれ
中止したことがあります。
その時にこういうレースがあるんだと知ったのです。

翌年、スタッフや選手あらゆる方々のご尽力で
若干コース変更して再開されました。

今回は「雁坂峠越え」という同じ主催者のレースに
参加したいがため練習のつもりでぽちっと押しちゃいました。

もちろん520kmでなく後半ハーフの255km
150kmが最長のわたくしですので
楽しみでもあり不安でもあり
すごく気軽に考えていましたが
年末に主催者の舘山さんにお会いした時に
今回エントリーできなくて悔しい思いした方
いらっしゃいますから、ちゃんとゴールして下さいね。
と言われ、や、やばい....

レース2週間ほど前この大会のプログラムが送られてきて
読んで考え改めました。
選手の皆さんの思いが暑すぎました、いや熱すぎました。

や、や、やばい、途中リタイアしてもいいや!
くらいに思ってましたが走るしかないのう.....


という気持ちの説明会。
選手の皆さん、もうベテランさんばかり......
仕事してから説明会に参加したので
ほぼ最後.....席は一番前.....
ぷ、プレッシャーだわー
隣の方の地図はA4でオリジナルに作成、
コンビニは会社ごとに色分け、
トイレなどもきちって書いておられる.......
すごいな!!

今回は三国峠が雪で道開きしてなくてぶどう峠に移動
コースも60kmくらい変更されて、
そこを試走した人の話を聞きつつ
ベテラン8回(全部)完走誇る、楽松師匠の一言
1時間に5km進めばゴールできるから!
で、すーと楽になった。
全部歩いてもゴール出来る(計算上よ)と思うと
気が楽になった。

いい感じで進めそう。

フルの方と前半ハーフの方は明日6時スタートだから
もう宿泊施設に移動
わたしもとっとと帰宅。


この記事に対するトラックバック

この記事のトラックバックURL

この記事に対するコメント

コメントする

ページトップへ戻る▲