• 1/1PAGES

2014年5月5日 CP23三条大橋南詰〜ゴール ホンマ健康ランド

  • author: master
  • 2015.04.26 Sunday

備忘録6

日も出てるので眠さは引いた。
この辺りはとにかく田んぼ田んぼたんぼ.......
こしひかり!!って感じ。

キャシーは本当は走れるんだけど
私に合わせてくれ本当に感謝、
眠くなるのでいろんな話をした。
絶対永久ゼッケンもらって来年も走るんだって!
終ってないのに次のこと考えられるキャシーすげーよ。
が、残り20kmくらいで発する言葉がおかしいことに。

幻覚でもなく幻聴でもなく幻喋......
どんどん、おもしろいことに
いやここで楽しみすぎてはいけない
でも、録音したかったなーー
とにかく私に着いてきて!と
今度は立場が逆転

ただ特徴のない国道が延々と続く。
周りは田んぼ。
トラクター以外人も自転車もいない。

やっとやっとの
CP24大野大橋南詰243.8km 13:7に着いた。

ここから急に市街地って感じになった。

残りは12km、2時間ちょとだ.....
テンション上がってきた!が腰は落ちてきた。
足も膝も痛い、痛い、痛い、って叫んでる。
よくがんばってくれたけど、
もうちょっと頑張ってくれ!!

だんだん歩きも変化してく
余裕があると内転筋意識して歩けるんだけど
腰が落ちてくると遅くなるだけ
腰を落とさないよう歩こうとすると
どうやらお尻の穴を閉める感じで
歩いて行くと進める、進める。
芹沢さんが言ってた、
最後の最後には足が勝手に出て進めるようになるんだって
このことかな??

泡の出る液体飲んでる集団が!!
抜かしてくぞーーー

川岸に出て、一瞬感動、残りはうんざり......
3kmも続くんだよ、この先、川の道岬まで
雨も降ってくるしさ。

最後の橋を渡ったところで
あそこだねーって言ってたら
女将が!泰子ちゃんが!
いけだんが!Zさんが!きしやんが!
飛び出してきて

もう、日本海見たら泣くかと思ってたけど
見る前に号泣......
雨の中どんだけ待ってくれたんだ.....

CP25川の道岬251.6km 14:58

恵美さんに電話して
キャシーと私、川の道岬についたよーーーーー


あー残り1時間でこの旅も終わるんだ。
寂しいけどお風呂入りたい、歯磨きたいーーーー
本降りになる前に着きたい.......

でも走れない......
もう抜かされてもいいしねー

人生最高に楽しい充実したレースを
私たちはやってるんだよね
って話しながらキャサリンさんとゴールできて
本当に楽しい3日間を過ごせた。
あーーーーー楽しかった。

ゴール255.3km 15:45

その後も知った顔がぞくぞくと着き、歓喜。
クライマックスはよしちゃんのゴール.......
Gさん、よしちゃんに日本海見せてあげられてよかったね。

スタッフの疲労は半端なさそうで.....
お陰様で本当に楽しい時間を過ごせました、
ありがとうございます。

2014年5月4.5日 川の道 CP21越の大橋西詰〜CP23三条大橋南詰

  • author: master
  • 2015.04.25 Saturday

備忘録5

夜はゆっくり進んで大丈夫なんですが
だんだん注意力がやばくなってて
2時間後につくはずの長岡市街地が
賑やかだよね、深夜だけど
ググルマップで自分がいるところを確認し
過ぎてしまった大通り交差点
これくらいの時間に通ったなと

CP22193.3km大手通交差点 1:45

後で確認すると10km多く計算してたから
もっと後に着くと思ってた........

この後のコンビニ寄って
その後の道は暗くて直線で嫌だったんですが
コンビニも点在してたし
なんでそんなに暗いと思ってたのか
さっぱりわかりません。

たぶん眠さで意識や感覚が
ぶっ飛んでたんでしょうね。


中之島の立体交差はわかりにくいと聞いていたので
ストリートビューでもしっかりチェックし
下の道をくぐり、安心したところに
コンビニがあり、暖かいオムライス食べて
出発だ!と喋りながら進んでいると
前の道路標示が長野行になってた!
いやいや、わたしたちは新潟へ行くんだよと
コンパスでチェックすると道間違っておりました。
前のとこに戻ろう
とコンビニまで戻ったら
コンビニ脇に人しか通れない階段があり
そこを上るのでした。
私たちはまっすぐに進んだので
反対車線に入っていたのでした。


道をロストしたが気づいたのが早くて
500mくらい戻って元の道へ
とにかく一回コンビニじゃない
椅子と暖のあるところで落ち着きたい。
とにかく引き算ができない......

なんとか
CP23三条大橋南詰216.4km 7:45

街も見えてきた。
一番近くの椅子があるお店に入るよと
考えてたらマックあったんで朝マック
ゴールまでの計算をちゃんと
計算機を使いながらして
日があるうちにゴール出来そうなことがわかり
頑張れるぞ!40km切ったしね。

2014年5月4日 川の道 CP19鹿渡館〜CP21越の大橋西詰

  • author: master
  • 2015.04.24 Friday

備忘録4

Rさんスタッフしてる、
知り合いに会うのは嬉しいね。
とりあえずお風呂です、熱いです。
先行で入浴している人を見ると
雁坂スタッフ3泰子の一人、
ユニバの泰子ちゃん、でした!。
なんと、ボラやっててくれてた!!
ここで気合を注入してくれた。

ごはんも沢山食べて仮眠室へ
あまり眠れないので眠くなったら寝ちゃえと思い
またカレー食べて、予定より1時間早く出発。

みんながやる気スイッチ入れてくれた。
時間も余裕あるし行くぞ!

出発するときにチームヨシちゃんたち到着。
もうリタイアするらしいが休んでから考えるべし!

12:15出発

日差しが強いというより気温が高い。
そしてすぐに眠くなったのでちょっと横になった。
人生初の野宿??
15分くらい横になってたかな?
また走りはじめて早々足に違和感が
速攻マメを潰す。
そんなこんなで鹿渡館の仮眠室で一緒だった
キャサリンさんに追いつかれ
一緒に行く。
今までの誰よりもペースが合う。

横になったりしながら下りに走りを入れつつ進む。
まだ足動いてるよー、すごいな、私......

キャサリンさん(略してキャシーね)
結局ゴールまで一緒に行った。
田舎の歩道は使われてないので草やごみが広がっており
歩き辛い上に暗闇では何度もコケた。

キャシーは本当にいいペースを刻んでくれ、
トータル150km越えたくらいからはもう走れなくなり
とにかく1時間に5km進む心がけ
眠くなったら5分10分と横になった。

CP20魚沼橋南詰162.5km17:25に到着

次は和田さんエイドだ!
和田さんエイドで横になろうね。

この辺りの土地の記憶が全くありません。
たぶんキャシーと自分たちのこと
好きなレース、家族のことなんか
ずーとお互い喋り倒してたんだと思う。

地図ではこの辺??
でもなかなか着かないなあ、和田さんエイド
あるのかな?心配になってくよ......

21時くらいにやっと到着し
憩ってると鹿渡館終了した恵美さんたちと遭遇

仮眠後、今度は千夏ちゃんや今回優勝者、Uちゃんまで
????????????????????????
なんとUちゃん、ゴール早すぎてスタッフが
間に合わず、ゴール写真撮りに
一旦帰宅し再度車でゴールへ
和田さんエイド(も開いてなかったそうです)
に挨拶してゴールに向かうんだって、
いやはやすごい。
後半ハーフの女子の5人のうちの1人の
Aさんがなんとタクシーで到着し
リタイアしたんだけれど
和田さんに挨拶したいとのことで
素敵すぎる場面に遭遇......

それぞれの川の道への思い
ほんといいレースだなあ
その中に自分もいるのが嬉しいなあ。

和田さんにも会え、挨拶して出発だ!
残り80kmだ!


すぐにCP20越の大橋西詰180.3km 22:45

2014年5月3.4日 川の道 CP16善光寺56.3km〜CP19鹿渡館133.8km

  • author: master
  • 2015.04.23 Thursday

備忘録3

善光寺というか長野市内は都会なので
コンビニもファミレスもたくさんある。
Mさんはファミレスで休むと言ってたが
私はうどん食べてたのでそれほどお腹すいてないので
そのままどこにも寄らずに進んだ。

途中、地図上はまっすぐなんだけど
道はカーブした先に選手が見えたので
間違ってると思い、行って声を掛けた。
Sさんはろうの方だったんだけど懸命に
この辺りに住んでるからこっちで大丈夫と
伝えてくれ途中まで一緒に。
ペースがSさんの方が速いので先行してもらい

浅野の交差点手前の私設エイドでYさんと会え
交差点までは一緒に行くことに
善光寺のおやき、ライトトラブルがあり食せなかったけど
ここでいただけた!ご馳走様でした。

だんだん寒くなってきた。

CP17浅野交差点71.6km 21:45

ここにも私設エイドで出ていて
暖かいコーヒーもらう。
ここから本格的に暗くてさびしい道だそうだ。
フリース一枚着てYさんを先行する。

この辺りから黄色ゼッケンの選手と会いはじめる。

最初がKちゃんにRちゃんにEちゃん
Eちゃん辛そうで、痛み止めの薬を渡したんだけど
大丈夫かなあ??
女子で一番だと言ってた。
いやいや抜かした記憶はないよ。

その後コンビニに寄ったら店内で休ませてくれ
Sさんはご近所さんで走ってるの!なんて話をした。
Sさんはこの辺りに住んでるんだなー。

ここからは街灯もなく本当に暗い。
その中にうごめく2人組が.....芹沢さんでした。
三人組から遅れたって言ってたけど、
芹沢さんの方が早いよー、もっと後ろにいるよ
なんて話をしながら
飯山駅に近づき深夜営業のすき家があったので入店。

店員さんは人懐っこく、去年もいましたよ。
頑張ってください!っていってくれた。
しっかりご飯も食べられたので進むぞ!!

CP18飯山駅89.1km 1:10

ここにでっかい人影が!
Kちゃんでした、
Kちゃんの実力からいったらもっと前に居ていいんだけど
足のトラブルが大変そうだ。
くみちゃんは雨で足の裏ぼろぼろなんだ.....
でもしかも道間違えまくってるらしい.....
でも超ポジティブ、遠足楽しんでるなあーー

Mさんは長野駅でリタイアしたそうだ。
やっぱり、フルって大変そうだなあ。

後半への余裕のためにも先行。

また川沿いに近づき、
ストック持ったお兄さんに速歩を褒められ
コツまで聞かれる展開に。
いつもはトライアスロンをしていて
オフシーズンにウルトラやってるんだって。
完璧におかしい人だよ。

そこからヨガと太極拳の効用まで話は進み
また私が先行、なかなかペース会う人がいない......

最後のコンビニでホットコーヒー飲んで
ダウン着て、気合入れて進む。
日本海へと下ってるはずなのに上りがいやに多い。
館山さんらしいなー
星がまあきれいだ!って記憶しかない。
寂しくて寒いので早く夜が明けてくれーー

ラストコンビニから40kmお店がなくなる
ここが後半のハイライト

そしたらちょうど20km地点に抜きつ抜かれつつしてた
Sさんの奥様が私設エイドしてくれてて
一番疲れてる&寒い時間帯だったので
思わずうれし泣き
日も出てきて、寒さも落ち着き
残り20kmで鹿渡館だ、気合だ気合だ!

県境沿いの道の駅でお手洗いを借りたら
休憩している方がいて
キノコ汁を待ってるという。
あと15分くらいだったんだが先行した。
とにかく鹿渡館に早く着きたかった。

新潟県津南町入ってからが長い長い
Zさんが後5kmってところに立っててくれ
残り2kmくらいと思っていたから
嬉しさと悲しさが同居してました......
残りNさんが伴走してくれ
ほぼ予定通りの


8:40くらいにCP19鹿渡館133.8kmへ到着。




2014年5月3日 「川の道 千曲川〜信濃川ステージ255km」スタート、小諸GCホテル〜CP16善光寺まで

  • author: master
  • 2015.04.22 Wednesday

備忘録その2

前日もしっかり眠れ、
7時半に家を出て、小諸へ。
新幹線は席取れず(連休中だしねー)
しゃがんで大宮、軽井沢過ごす。
しなの鉄道に乗り換え
10時過ぎに小諸駅へ
駅の裏側が小諸グランドキャッスルホテル
40人弱スタートなんでみなさんユルユル。
知った顔もちらほらいるし
女子は5人だからみんな顔チェック!

荷物はきしやん車にのっけて準備完了。
説明会もないじゃん。

スタートも我先にって感じでなく
写真撮って移動してさあ!みたいな感じ。
緊張感なく出発できた。

スタート11:00

慣れるまではゆっくりゆっくり
知らない方とおしゃべりしながらユルランゆるらん。
千曲川の右側を進む。
向かい風もちょっと強いかなー
川沿いだし、ずっと向い風だといやだなー
と思いながらたんたんと走る。
日差し意外と強いけど風が強くて体感はそれほどでもない。

そろそろ温まったなーくらいなところに
私の名前を呼んでくれる方が??ukさん???
こんなとこで応援してくれてて嬉しい!!
幸先いいぞ!

空は青く
道路脇にはリンゴの花が満開で
遠くには残雪残る山々が
こんないい時に走れるなんて
これを幸せと言わずしてなんという。

前にも後ろにも人が見えるので上田城は
間違わずに到着。

CP14上田城18.8km 13:14着

岸やんや野崎さんがエイドにいらっしゃたので
心強い。
岸やんからはペース速いぞ!ってアドバイス。
もっとゆっくりでいいのだよ、って自分も思う。
トイレを上田城で借りて
沢山食べて出発!

その後露地いちご売ってたんで買って
走っていた方にもわけた、その方は山崎さん。
山崎さんにもペース速いよーって言われ
しばらくお話ししながら一緒に進んだ。

こういうレースのときの話題はどのレースが良かったか?
山崎さんは佐渡一周だそうだ。
202kmを48時間って魅力的な時間配分だね。

さっきまで長距離のレースは
これで引退だと思ってたのが嘘のよう。
雁坂と同じ日程......残念だなあ。
おもしろそうなレースだよなー
来年走りたいなあー

で、CP15篠ノ井橋北詰43.4km 16:40着、

先行してたお兄さんが途方に暮れてた。
ここでいいんですかねえ??
看板も何もないのね。
後続で到着したおじさんが川の道岬まではないよーって
そういうレースなんだね.......

山崎さんは善光寺のおやきと
その後の私設エイドのビールのため先行。

私はお腹すいたんで途中のはなまるうどんに寄った。
少量を細かく食べる予定
汁まで完食!おかわりまでしてしまった.......
ガスター10飲んどく。

それでも予定より30分も早く

CP16善光寺56.3kmに19:00 到着。

ここでトラブルが!!
バッグのもの全部出してもヘッドランプがない!
走り出す前荷物整理のときに入れ間違ったか?と
思ってたけど結果はどうやら
はなまるに置き忘れてたようだった。

そこに後続のMさんが
ヘッドランプの替え持ってますから貸しますよ。
と言ってくれ、でも電池はないから入れて下さいねって!
普通替えの電池は持ってるけど
ヘッドランプの替え持ってる?
やっぱ出てる人もヘンタイだ!
しかも高級ライト「ペツル」ではないですか?
しかも私がラン塾Tシャツ着ていたので
Mさんも塾生だと知り
かよさんのお友達ということもわかり
返却はかよさんにでまとまり
単4の替えの電池と合ったので
そのまま装着して夜の長野へ
ここは借りて正解で、
ハンドライトだけじゃ長野の夜には負けていました。



2014年4月29日 「川の道」説明会

  • author: master
  • 2015.04.21 Tuesday

去年最大のイベント「川の道」のレポート記載してませんでした。
忘備録として書いときます。

「川の道」 

ロングラン好きには憧れのレースです。
荒川〜千曲川〜信濃川を結び 
太平洋から日本海へ
520kmを6日間かけて進むレースです。
数年前出走選手が酒気帯び運転の車にひかれ
中止したことがあります。
その時にこういうレースがあるんだと知ったのです。

翌年、スタッフや選手あらゆる方々のご尽力で
若干コース変更して再開されました。

今回は「雁坂峠越え」という同じ主催者のレースに
参加したいがため練習のつもりでぽちっと押しちゃいました。

もちろん520kmでなく後半ハーフの255km
150kmが最長のわたくしですので
楽しみでもあり不安でもあり
すごく気軽に考えていましたが
年末に主催者の舘山さんにお会いした時に
今回エントリーできなくて悔しい思いした方
いらっしゃいますから、ちゃんとゴールして下さいね。
と言われ、や、やばい....

レース2週間ほど前この大会のプログラムが送られてきて
読んで考え改めました。
選手の皆さんの思いが暑すぎました、いや熱すぎました。

や、や、やばい、途中リタイアしてもいいや!
くらいに思ってましたが走るしかないのう.....


という気持ちの説明会。
選手の皆さん、もうベテランさんばかり......
仕事してから説明会に参加したので
ほぼ最後.....席は一番前.....
ぷ、プレッシャーだわー
隣の方の地図はA4でオリジナルに作成、
コンビニは会社ごとに色分け、
トイレなどもきちって書いておられる.......
すごいな!!

今回は三国峠が雪で道開きしてなくてぶどう峠に移動
コースも60kmくらい変更されて、
そこを試走した人の話を聞きつつ
ベテラン8回(全部)完走誇る、楽松師匠の一言
1時間に5km進めばゴールできるから!
で、すーと楽になった。
全部歩いてもゴール出来る(計算上よ)と思うと
気が楽になった。

いい感じで進めそう。

フルの方と前半ハーフの方は明日6時スタートだから
もう宿泊施設に移動
わたしもとっとと帰宅。


雁坂峠越え秩父往還142km走

  • author: master
  • 2014.09.26 Friday




50kmの登山の後90km先の温泉を目指す
坂峠越え秩父往還というレースに出走しました。
ウルトラマラソン数あれど必要な荷物持ち
山岳区間もある難関レース。
スタッフ数年やっていていつかは出たいな
と思ってましたが見るのとやるのは大違い。

本当にハードなレースでした。

今回はプチ滑落したり
まあ余裕のないレースでしたが
なんとか途中で復活し完走にこぎ着けました。

私の辛いレースランキング、
北丹沢を抜いて第一位になりました。

ある人はこう言いました。
青梅マラソン走って
トレイルのレース走った後
ウルトラマラソンするレースなんだよ、と。

残り90kmを14時間で走るのかーと考えると
無理だと思いましたが最後の最後まで
走りが入れられた初めてのレースでした。

ページトップへ戻る▲