• 1/129PAGES
  • >>

メコン川

  • author: master
  • 2020.02.12 Wednesday




ベトナムからラオスのルアンパバーンへ
想像通りの素敵なところでした。

なんていうか何にもない退屈と言えば退屈なんだけど
ぼっと座っているだけでも一日過ごせる
空気がぼーとしてるというか
私の体質に合っています。

季節的も暑くもなく寒くもなく
メコン川沿いの素敵なカフェはずっといたくなる......
ずっといたんですけどね。

ただ中国からの鉄道がつくられていて
こんなのんびりした景色と雰囲気もあと少しな予感
その前にもう一度行っておきたいです。

メコン川の夕暮れは素敵💛のひとこと
これみるだけでも価値あり


竹筒ごはん、美味

  • author: master
  • 2020.02.07 Friday



ハノイから3時間ほどバスに乗って行ったマイチャウって町より村が
気にい入りました。

私が子供のころのおばあちゃんちとすごく似ている。
たんぼと山に囲まれたただの田舎.......
そんな村の高床式の宿(ホームステイと言ってたね)は
床の板の間から下が見えるんだけど
音も丸聞こえなんだけど
とっても幸せな気分で朝を迎えられました。

隣の村にある竹の筒にもち米いれて蒸したごはんは
もちもちしてて美味!!
竹を剥きながら食べます。
日持ちもするようで
昔は旅のお供だったんだろうなあ.....
いくらでも食べられると毎日買ってお昼ご飯にしてました。

また訪れたい村です。
変わって欲しくないけどベトナムの急激な成長を
見ていると難しいんだろうなあと思った。



カフェ天国@ホイアン その2

  • author: master
  • 2020.02.04 Tuesday



旧市街地の中心にあるカフェというより
ハーブティーの屋台 Mot Hoi An
奥でも飲めます。
ホイアン名物のカオラウという
うどん?や食事もできます。

ちょうど雨が降ってきたので雨宿りにと
奥に入店したら
地元の若者がカオラウを食べていたので
わたしもいただきました。
他のお店でも食べたのですがここのが一番おいしかったな

ちょっとがちゃがちゃした印象でしたが
客層が若いのでちょうどいいんでしょうね。

ベトナムのカフェはどこに入っても
本当にこじゃれていて
女子度高めで好印象でした。



カフェ天国@ホイアン その1

  • author: master
  • 2020.02.01 Saturday

去年12月にベトナムとラオスを旅しました。
最初にベトナムの中部ダナンから入り
ベトナムの京都と呼ばれているホイアンへ。
京都というより倉敷っぽい
古い町並みが残っている華やかな街でした。

とっても可愛いカフェが沢山あり
コーヒーもお茶も取れるベトナムだけあって
飲み物も充実してました。

今回行ったのは
リーチングアウトティーハウスという
ろうあ者が給仕をしてくれるカフェで
町屋造りの奥に細長い様式
中庭に案内されスターフルーツの木の下で
ベトナム産緑茶をいただきました。
とても静かで落ち着いた中にもキュートが溢れていました。
お茶も洗練されて美味しかったです。


羊からの手紙

  • author: master
  • 2020.01.22 Wednesday

当サイトでお馴染みの染色作家佐藤千香子氏の
個展が南青山で開催されます。

羊からの手紙


日時 2020年2月12〜18日
場所 ギャラリー + クック・ラボ como
   〒107-0062 東京都港区南青山4-7-7
   Tel・Fax 03-3470-0019


テキスタイル作家の佐藤さんは北欧フィンランドと20年近い縁を結んできた人です。
2年前にはヘルシンキから丸1日かかって到着する、
島民250人の小さな島に3ヶ月 間滞在し、
孤独と闘いながら現地に残る Åland sheepという
古代種羊の羊毛での表現にチャレンジ。
「道具もなくそのまま縮絨してみたら、
カールした羊毛がキラキラと輝いて羊感満載のフェルトになりました」
出来上った作品は、繊細なのにタフな質感 の「まるで羊からの手紙」
日記を綴るような思いで制作した羊毛の作品、
草木染オ ーガンジーと羊毛を重ねたストールなど、
静謐な魅力の作品が並びます。

作家生活30年 の節目の個展です。

ページトップへ戻る▲